タイムマシーンにおねがい

レトロな物に、簡単な紹介文など添えて

東映アニメーション創立60周年公式YouTubeチャンネル・・

レトロブログをやってらっしゃる方の案内で知りまして、

いろいろ見て楽しんでいます。

その中で、すごく記憶に残っていたアニメに再会しまして。

PCの前に正座してみちゃいました。

『白蛇伝』

私は、昭和40年代前半生まれで、生まれた時からテレビは有りました。

しかし、ビデオデッキは途中から出てきたんです。

(家庭用の物が普及したのは、1980年代頃のことでしょうか?)

それまでは、ドラマやアニメ、おきにいりのスターの出る歌番組は一回見逃してしまったら、

もう二度と見られないかもしれなかったんですよね~

それは、とても『不便』な状態なのだけれども、自分たちにとってのTV番組の価値みたいな物は、

今とはくらべものにならないくらい高かったんです。

そんな時代、アニメやドラマはよく昼間の時間に再放送されていました。

『白蛇伝』は、『夏休みアニメスペシャル』(午前中に2時間くらいやっていた)で、

必ず放送されていて、私は飽きもせずに毎回見ていたのを覚えています。

もう一度見られて、すごく嬉しかったです。

ずっと中国で作られたアニメーションだと思っていたので、

昭和33年頃に日本で作られた作品で、声が森繁久彌さんと宮城まり子さんだったので、軽くびっくり。

ファンタジー、純愛、冒険も有って、キュートな動物たちも出てきたり、

昔の中国の絵に郷愁なども感じられ、

今見てもとても面白い物でした。

m0307.jpg
※画像は、本文とは関係ありません。


スポンサーサイト
m1228.jpg

いや、他にもいろんな名前で売られていた可能性は有るんですけどもね。

お祭りの出店には流行が有って、私の子供の頃はこれとかえるぴょんぴょん、

おもちゃのアクセサリーセット、おもちゃの時計セット・・・なんかが流行してたかなあ。

もうちょっと後から、スライムとかも流行ったかも。

このおもちゃですが、以前すごく壊れやすかったよねって話で、

自分よりも5つくらい若い方と盛り上がったことが有ります。

買った翌日に壊れたとかね、子供だから扱い方もちょっと乱暴なんでしょうけども。

ところで、先日昭和レトロのブログの方が『チエンリング』の記事をアップされていまして、

当然自分もかなりの食いつき方をしたのですが、

他の方のコメントなども興味深く拝見しました。

全国的に、短い期間に大ブームが起こっていたっぽいんですよね~

おもしろいな。

どういうふうに発生したのかも気になりますが、

どんなふうに、そういうブームが広がっていたのかも不思議です。

(チエンリングを紹介された方もたしか言っていましたが、私も前から疑問だったので嬉しかったです。)

ちょっと考えてみましたが。

〇文通説(当時流行していた。)

〇転校生説

〇遠くに住んでいるいとこが、祖父母の家に集うときに説(夏休みなど)

チエンリング(うちの方では、チェーリングって呼んでいました)の他に、

『ハッピーアイスクリーム』や『かしまれいこさま』、『こっくりさん』『不幸の手紙』なんかも流行ったなあ・・・

『ハッピーアイスクリーム』は、同時に2人以上の人が同じことを言った時に、

『ハッピーアイスクリーム!』って言うスピードを競います。

後から言った方が先に言った方にアイスをおごるというルール・・・なのですが、実際にはおごったことは無かったと思います。

『かしまれいこさま』に関しては、私は子供の頃はマジでびびっていて、

この人の話をしたら、れいこさまから電話がかかってきちゃって、そこで正しい合言葉を言わないと・・・

って感じの怪談でした・・・たしか。

教えてくれた友達も私も、すっごく真剣な顔してたなあ。

『後悔しないでね?』『うん・・・教えて。』

って感じで。
気が付いたら、ポポロンとかクリームキャラメルとかが製造中止になってたんですよね~

明治さんの方針なのでしょうか?

作るのやめますよ、って予告無しにひっそりやめちゃうの・・・

思えば、カルミンとかも明治さんですね。

時代の流れで、今の購買層には好まれないってことが有るのはわかるけれども、

一応決定事項として昔のお客さんに『食べ収めチャンス』を与えて欲しいというのは、ワガママかなあ。

まあ、そんなこんなで、

昔からのロングセラーの物が今も買えるよって紹介している『まだある。』って本にかけて、

もうない物のお話でした。

で、これから下は『まだある。』昭和臭のする物。

P1170075.jpg

こちら、なんといっても名前と写真入りラベルにしびれたのですが。

麦茶のパックに青い麦のもようが入っててかわいいです。

高知県のメーカーさん製。

P1170078.jpg

小さく見ても、とっても気になる丸い窓の女性が・・・

P1170079.jpg

満点ママですよ~

こちらは、福岡県のメーカーさん製。

ちなみに、サイコロキャラメルは食べ収めして、なおかつ1個未開封の物も冷蔵庫に入っています。
PB052250.jpg

コインを入れると子供たちがキスをする、かわいい貯金箱です~

どんどんいつでも誰とでも連絡が取れるようになってきた昨今・・・

繋がっていられること

声が聞きたいときに、声が聞けること

逢いたいときに逢えること

満たされやすいということは、想いを育てるのにはあまり良くないことなんじゃないかなって思ったりします。

会えない時間が愛育てるのさ~なんて歌も有りましたね。

埼玉県に有るデパートの屋上・・・

行ったのは、2、3年前の事ですが、まだこの良い雰囲気を残しているかしら。

img_5.jpg
img_6.jpg
img_7.jpg

前に書いた通り、私のデパート初体験、小学校高学年になってからでした。

劇甘党の母は、札幌に引っ越しが決まってから、

久しぶりに『チョコレートパフェ』が食べられる!と、すごく楽しみにしていました。

母の語るパフェは、何だか夢のような食べ物で、つめたくって豪華でおいしそうで・・・

私の中で、パップラドンカルメのごとく、どんどんパフェへの妄想は高まっていったんですよね~

いよいよ、札幌の丸井さんだったかな~

パフェ初体験した訳なんですが、

甘くてくどくて、最後は胸がおっ・・・いえ、いっぱいになってしまって。

夢破れた私、しばらく生クリームが嫌いになりました(爆)

img_1.jpg
img_0.jpg

こちらは、数年前、閉店するデパートが昭和のメニューを復刻したもの。

お子様ランチとカレーの画像。

あと、ラーメンも有ったかな~

ソフトクリームは、スタンド付きで出てきていました。

たいした思い出では無いのですが、

みなさんの思い出がちょっとでも蘇ってくれたら幸いでございます。